FC2ブログ
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

どろんこドロップス

Author:どろんこドロップス
三重県在住2児の母、陶芸にはまる。
2011年12月。サンタ(my窯)がうちにやってくる。
陶雑貨をメインに編み物などをプラスしたハンドメイドもの
「Drops」はじめる。

どろんこの手で日々のあれこれを綴っています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

お気に入りblog

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

検索フォーム

連絡先

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田村文宏

2013.11.26 05:11|陶芸作家のうつわ
名古屋三越で25日迄開催されていた、「真葛香山展」「二子玉川の散歩道」に行って来ました。


今はもう後継者もなく、幻となってしまった真葛窯。
以前なんでも鑑定団に出てて、忘れられないインパクトだったので、どうしても見たかった。

そしてため息がでるような緻密な技術にうちひしがれてきました。

この神の域に達するまでの努力を思うとただひたすら敬意です。

そして、もう一方のお目当て。
「二子玉川の散歩道」ではセンスのいいセレクト雑貨。
生地、お菓子、お洋服などなど。

リネンの生地、とつても素敵なんだけど、お値段5,000円/m以上は当たり前。
とても手が出せませーん。

去年の夏はおおやぶみよさんのガラスがいっぱいあったけど、冬だからか、最終日だからか、あまりなかったです。

その代わり、一目で心を奪われた器に出合いました。

田村文宏さんという岡崎で作陶されている方のものでした。



北欧っぽいと思ったのだけど、意外にも東南アジアの陶磁器の影響が根底にあるのだそうです。

マットなうぐいす色の灰釉。
ぼんやりした花紋。
妙に惹かれます。
どうやってどうやったらこんな風になるのだろう…。
まじまじと眺めています。

ホント素敵♪
スポンサーサイト

コメント

かっこいいなぁ

真葛香山 で 検索中です
このチケット 中日新聞から 貰ったけれど 行けなかった。本物を 見たかったなぁ。
今 画像検索 しました。すごい作品ですね。最高。
焼き物に 詳しくない私です。
陶芸同好会(名前検討中
世界が 認めたもの~ 職人 芸術家~
芸術同好会(名前検討中
覚えておきたい 知っておきたい 作家 作品名~

No title

尋常ではない細かさでした。
しかも釉薬で微妙な表現を出せるなんて!
その域に達するまでの努力にただ感服するばかりです。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。